エジプト

【エジプト旅行記】⑭アスワン

エジプト観光ではカイロ・ルクソール・アスワンを回るのが王道ルートだと思います。今回はアスワンの魅力を紹介していきます。

アスワンはエジプトの南の方にあり、アスワンからアブシンベル神殿、スーダン北部に掛けてはヌビア地方と呼ばれています。

アスワンに住む人々はヌビア人と呼ばれ、見た目もアラブ人とは違います。

*アスワンではUberが使えません。主な交通手段はタクシーか馬車か徒歩、ミニバスです。

アスワンへのアクセス

今回私は時間の都合上、カイロからアスワンへと向かいました。

なんとなくバスに乗ってみようと思い、バスステーションへとやってきました。

トルゴマーンバスステーションへやってきました。

Upper egyptという会社から16時半発のアスワン行があるそうなのでチケットを購入しました。

270ポンドと割と高かったです。

途中で食事休憩やトイレ休憩を挟み、朝の7時頃に着きました。

ホステルはシティーから離れた島にあったので、駅から、ミニバスでフェリー乗り場へ向かい、フェリーで島へ向かいました。

運賃は片道5ポンドです。男女で座る場所がわかれていました。

切りかけのオベリスク

未完成のオベリスクはアスワンにある採石場で発見された加工途中のオベリスクです。オベリスクの石工は作業中に、花崗岩の中にひびが現れたため途中で放棄さしました。

この採石場では切りかけのオベリスク以外にも彫刻や他の作業途中のオベリスクが発見され、有名なオベリスクのほとんどがこの地で切り出された可能性が高いそうです。

https://goo.gl/maps/rABvYF8ZUidmozyr8

イシス神殿

イシス神殿はナイル川に浮かぶ島にあります。イシス神殿に行くにはまずミニバスでフェリー乗り場まで向かい、フェリーに乗らなくてはなりません。

外国人観光客でに賑わっていました。フェリーは値段交渉が必要です。70ポンドもかかりましたが、めんどくさかったので諦めました。

入場料は学生料金で90ポンドでした。

第一塔門を抜けると前庭に出ます。左手にはこんな柱が。

イシス神殿は、エジプトの歴史好きにはたまらないと思います。

全く興味のない私ですら長居してしましました。

https://goo.gl/maps/axjgqyugf8p9ag3v8

アスワンの有名店

アスワン駅の近くにはアスワンスークもありカフェやレストランもたくさんあります。

地元の人におすすめしてもらったお店がコチラです。

Koshary El-safwaというお店で、コシャリが小・中・大のサイズから選べ、値段もリーズナブルです。

もちろん他のメニューもありますが、コシャリが看板メニューのようです。コシャリの味はどこもだいたい同じですが、食べ比べてみるのもいいかと思います。

https://goo.gl/maps/t6JVyvNJkpHcdqn66

ナイル川ファルーカ乗船体験

ナイル川沿いを歩いていると、おじさんにしつこく誘われ、ファルーカに興味がなかったのですが、破格だったので乗ってみることに。

一人だったのですが、値切ってもないのに勝手に値下げしてくれて、50ポンド(約350円)で乗せてもらえることに。

一時間ほどのゆったりとした船旅が始まりました。

おじさんは途中でお酒がほしいと言い出し、勝手にファルーカを岸に止め始め、ビールを二本持って帰ってきました。

25ポンドもするビールをなぜか私の分まで買ってきてくれて、結局乗船代をすぐにビールに変えてしまったおじさん。

ただただ優しいおじさんでした。

他のボートから流れてくるノリノリのアラブ音楽を楽しみながら、世間話やエジプトの文化、歴史について語ってくれました。

ちなみに、おじさんの電話番号は、01116890741です。アスワンでファルーカに乗ってみたい方はぜひ連絡してみてください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です