エジプト

【エジプト旅行記】②カイロ市内観光part1

カイロには合計で一週間ほど滞在しました。有名な観光地はほぼ行き尽くしマイナーなところまで足を伸ばしました。

今回は、まず有名所のエジプト考古学博物館とハーンハリーリから紹介したいと思います。

エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館は、カイロにある国立の考古学博物館。年中無休で収蔵点数は20万点にものぼります。

館内の目玉は、あの有名なツタンカーメンのマスクです。

エジプト博物館へのアクセス

地下鉄Sadat駅から徒歩三分ほどで着きます。ピンク色の外観がよく目立つのですぐに見つかります。

エジプト博物館入場料

モーニングアワーとイブニングアワーがあり、値段が異なります。また、エジプトの博物館や遺跡でよくあるのが、写真撮影チケットです。カメラで撮影する場合には別料金を支払ってチケットを買わなければいけません。スマホは大丈夫です。

学生は、半額で入場できます。日本の学生証だと認めてくれるところとそうでないところがあるので、国際学生証を作っておくといいでしょう。

大迫力の展示物

私はエジプトの歴史に詳しくないし、博物館は一秒で見終わる派なのですが、ここはすごかったです。何よりも、スケールが壮大。

像や装飾品、壁画、置物、ミイラまで一生分の宝物を見ることができます。奈良県出身で宝物は見飽きてる私をも楽しませてくれました。

ちょっと何を言っているのか全くわかりませんが、写真に収めてみました。

感想:これとコラボしてた化粧品見たことあるなぁ

博物館の中にはミイラ室もあり、別料金を支払えば入れます。写真撮影は禁止です。

心肺蘇生

ハーンハリーリ( Khan El-Khalili )

お次はハーンハリーリです。ハーンハリーリとはカイロ市内にある巨大バザールです。エジプトのお土産を買うことができます。

インスタ映えスポット

エジプトは世界三大うざい国と言われますが、私はそう感じませんでした。はっきり断ると客引きも割とあっさりと諦めてました。ただただおしゃべりしたいだけの人が多かったです。

ハーンハリーリへのアクセス

ハーンハリーリへは、地下鉄と乗り合いミニリクシャーのようなものを乗り継いで行きました。まず、宿の最寄駅(sadat)からAttaba駅まで行き、そこでリクシャーに乗りました。

しかし、ハーンハリーリは少しダウンタウンから離れているのでUberでいくことをおすすめします。

ハーンハリーリでショッピング

アラビック感満載

ハーンハリーリには、お土産やスパイス、日用品、ストール、香水・香水瓶などがあります。名前をヒエログリフでブレスレットやネックレスに彫ってくれるところもあります。とんでもない値段をふっかけてきます。

エジプト全力主張

最初は客引きされただけですが、ただただおしゃべりしたいだけの人たち。何も買わずに去りました。ごめん。でも香水はいい匂いがしました。ぜひ訪れてあげてください。

中には、友達を待っていたら声をかけてきて椅子に座らせてくれた上、お茶をごちそうしてくれる人もいました。

プロポーズはされましたが、エジプトに来てから毎日のようにプロポーズされるので対処法は完璧です。

ちなみに、カイロ滞在中に3回もハーンハリーリに来たのですが、朝に来たときが一番空いていました。店主たちも店を開けたばっかりで掃除をしていたり、寝起きなので、客引きをされることは全くありませんでした。

静かに買い物をしたい方には、朝に来ることをおすすめします。

観光地化されたところを少し離れると、服ばっかり売っている通りに入ります。ローカル感満載です。

この通りは、人が大勢いるのでスリやセクハラに注意しましょう。私も実際に後ろを付けられ、お尻を触られました。犯人が今頃失職していることを願います。

以上、カイロ市内観光part1でした。エジプトは想像より治安がよかったですが、スリやセクハラには気をつけて観光楽しんでください!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です