モンゴル

【モンゴル女子旅日記】④モンゴル一大イベント、ナーダム祭

モンゴルの一大イベント、ナーダムに参加しました!

”ナーダム”とは?

”ナーダム”とはモンゴル語で”祭”という意味があり、毎年7月11日から3日間、モンゴルの首都ウランバートルの中央スタジアムにて開催されます。

ちなみに、ナーダムはモンゴル各地で行われるそうなのですが、最も大きいものが中央スタジアムで行われるようです。中国の内モンゴル地方でもナーダムが行われているようです。

モンゴル人にとっては一大イベントということもあり、モンゴルの国中から人が首都に集まります。

ナーダムチケットを購入

スタジアムでナーダムを観戦するには、チケットを購入しなくてはなりません。これがまたとても難しいです。

チケット購入方法はいくつかあります。

1:日本の旅行社のツアーに申し込む

少し高くつくかもしれませんが、これが一番確実な方法です。

2:ホステルスタッフに依頼する

私も念の為、ホステルのオーナーにチケットの代理購入をお願いしました。モンゴル人にとっても入手困難なので、コミッションを要求されますが、仕方ないと思います。

今回は、手に入れることができませんでした。

3:スタジアムに出向き、闇屋から買う

ナーダム当日にスタジアムに行けば、入口付近に闇屋がいます。値段交渉は必須ですが、どうしてもナーダムが見たければこれも一つの手です。

ちなみに、私は中国留学中のモンゴル人クラスメイトの友達が政府で働いているらしく、紹介してもらいました。

チンギス・ハーン広場の近くにある政府の建物に来るよう言われ、モンゴル民族衣装を着たお偉いさんたちが続々と登場する中、友達の友達がやってきました。

私達は時間の都合上開会式しか見れないため、そのチケットだけほしかったのですが、開会式と他のすべての競技のチケットも揃ったセットを渡されました。

お金の無駄になるので、開会式だけほしいと頼むと1枚しかなく、友達の友達は考え抜いた末私を政府の建物の中に招き入れ、こっそり開会式チケット2枚を引っ張り出し売ってくれました。

まさか、モンゴルに来て政府の力を利用することになるとは夢にも思いませんでした。

モンゴルの祭典”ナーダム”

ついにナーダム当日がやってきました。朝から街の人影が消え、みんなスタジアムに向かっているようでした。どれほどすごい祭りなのか思い知らされました。

スタジアム到着。

スタジアムの外には売店がたくさんあり縁日みたいになっていました。

モンゴルではサングラスが大人気
いきなりの馬

馬がいた向かいでは、馬乳を売っていました。このバケツに入った馬乳は使い終わったペプシのボトルに入れて売られます。恐怖。匂いがすごかったです。

超豪華!ナーダム開会式

ついに始まりました!ナーダム!開会式では音楽に乗せていろんな衣装を着た人たちが、馬に乗って登場したり、ラクダに乗って登場します。

馬の手放し運転

ずっと見ていると登場人物の衣装はだんだん現代化していきます。戦いを連想させるパフォーマンスがあったりしたので、きっとモンゴルの歴史をたどっているのだといいうのが我々の推測です。

モンゴル最終日はモンゴル料理が恋しいですが、バーガーキングに行きました。みんな頼む量が尋常じゃない。

おまけ

ちなみに、サイザン・トルゴイにも行ってきました。

第二次世界大戦の戦勝記念牌で、1971年に建てられました。長い長い階段を登ると首都の町並みを一望することができます。

物売りもちらほらいたりお土産を買うことができます。鷹との記念撮影もできます。有料ですが。

壁にはモンゴル軍と旧ソ連軍がナチスドイツと旧日本軍と戦ってる様子が描かれています。

近くには快適なショッピングモールがあります。階段に登り疲れた方はぜひショッピングモールへ。

終わりに

今回でモンゴル編終了です。モンゴルに一週間滞在しましたが、図らずともロンリープラネット大先生に書かれているモンゴルですべきこと全てを達成してしましました。

都会の喧騒に疲れた方もそうでない方もぜひ、モンゴルの大自然に癒やされに行ってみてください!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です